刈り上げ女子について

ツーブロックを自分でお手入れした時の失敗談 | 刈り上げ女子について

私が初めてツーブロックに挑戦したのは、30代に入ってからでした。

ずっと憧れはあったもののエステティシャンという職業柄、ちょっとハードなイメージの強すぎるヘアスタイルは控えた方が良いのでは?と長い間、諦めていました。

なかなか仕事もプライベートも上手くいかずに悩んでいた時期に、ツーブロックに挑戦して自分のやる気を変えたいと感じて、思い切って勤め先の女性オーナーに相談してみたら、あっけなくOKをもらえました。

悩んでいた時間が何だったのかと思うほど、簡単に許しを得たので、早速イメチェンに挑戦することにしました。

通い詰めていた美容師さんに相談すると、さりげなく見え隠れするような、ミディアムショート+ツーブロックのヘアスタイルを提案してくれました。

信頼できる美容師さんだったので、全てお任せしてカットしてもらうと、とても自然で自分や気づいた人にだけ分かる程度のナチュラルなツーブロックに仕上げてくれたのです。

両サイドのトップと前髪は長めに残してあるので、髪をかき上げたり、耳にかけた時に良くみなければ気づかれない程ナチュラルでした。

ところが、カットしてから1ヶ月半ほど経った頃、両サイドの刈り上げ部分が伸びて、全体のバランスが悪くなってきてしまったのです。

自分でのお手入れにも自信があったので、美容師さんに途中で伸びた場合のお手入れ方法も確認していました。

単純に刈り上げ部分を、自分でバリカンでカットし直せば良いのです。

初めて自分の髪の毛をバリカンでカットすることになり、慎重に行いたいところですが、未経験だったのでやりかたすら分かりません。

片側を慎重に行い、「あまり長さをカット出来なかったかな?」と感じながら、反対側を進めようとしたところ・・・。

やってしまったのです。

もみあげ部分から刈り上げようとしたら、地肌から刈り込んでしまい、青い肌が見えるほど短くなってしまいました。

これには、一時固まって顔面蒼白状態でしたが、やってしまったおものは仕方がありません。

もう伸びるのを待つしか無いと覚悟を決めて、両サイドを青い部分に合わせて、超短い状態に揃える事にしました。

これには、職場のスタッフも出勤と同時に築くほど、分かりやすいツーブロックになってしまいました。

ツーブロックのお手入れをする際には、慎重に少しずつ慣らしていかなければなりませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。