刈り上げ女子について

刈上げショートボブから離れられない | 刈り上げ女子の男ウケ、女ウケ

白髪が目立ちはじめた40歳でロングヘアーから解放した。

白髪もはじめは一本2本は抜いてたけど、どんどん増え初めて、ヘアカラーも白髪専用じゃないとダメになりヘアカラーするときもロングヘアーだと大変だし、ヘアカラーも一本で足りない場合もあるため、思いきりバッサリ切りました。

でも肩くらいのボブに。

なんて楽でしょう。

友達にもお手入れ楽だよね!とか、私も切ろうかなとバッサリ切った友達もいました。

みんな年齢的に髪の手入れが大変になるからです。

若いときは茶髪、金髪が流行、楽しくヘアカラーしたものの、白髪染めって面倒なんですよね。

それが40後半になり、もっと白髪も増えて、もっと髪の毛を切りたくなりました。

白髪も2週間おきに染めなきゃ、白髪が目立つんです。

染める、髪が傷む、染める髪が傷むの繰り返して、思いきりショートボブにした。

しかも後ろは刈り上げました。

前から見れば顎ラインのボブ、後ろから見ればツーブロックと言うより完璧な刈り上げです。

かなり楽になり自分で染めるのも楽だし、ヘアカラーも白髪染めを一本で少し余るくらいだし、節約にもつながる。

私の刈り上げボブを見て、友達も刈り上げました。

やはり誰かが刈上げないと勇気もないもので。

もうロングヘアーには出来ない、刈上げショートボブを続けるかはわからないが、これ以上は長くは出来ない。

若いときはロングヘアーをなびかせたものだけど、だんだん手入れが楽な方向に向かってる自分がいます。

出来ればベリーショートにしたい願望があると言うか一回してみた、ところが私の髪質には合わなくて逆にセットが必要になり、朝の時間がセットで過ぎていくのが嫌でショートボブにした。

でもベリーショートにした爽快感は忘れない。

シャンプーだってワンプッシュで充分で、シャンプーあとは乾かす手間がはぶけたし、最高でしたが、セットが面倒で辞めました。

刈上げショートボブになって、随分と年月が経ちましたが、一度ショートにしちゃうと、伸ばせないんですよ、不思議と。

たまにロングヘアーで女らしい振る舞いをしたい願望もありますけどね、でも、いまロングヘアーにしたら、髪はバリバリ櫛は通らない、最悪な結果になるのが見えますからパスです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。