刈り上げ女子について

女子の刈り上げのメンテナンス方法とは?セルフバリカンの方法は!?

流行にのって“刈り上げ女子スタイル”にしたものの、刈り上げ部分がすぐ伸びて気になる方は多いのではないでしょうか?

ロングスタイルの時と比べてもメンテナンスが必要になる速さは天と地ですよね。

もし、美容室に行かずにご自宅で刈り上げ部分のメンテナンスができればと思っている方は必見です!

ご自宅でできるセルフバリカンの方法も詳しく解説していきます!

ぜひ最後までお読みください。

刈り上げ部分が伸びてきた!刈り上げ女子のメンテナンスの頻度とは?

はれて刈り上げスタイルを手に入れた女性のみなさんは、スッキリとしたスタイルを楽しんでいると思います。

ですが、刈り上げ部分が伸びてきて鬱陶しくなってしまうという問題が発生してきますよね。

刈り上げ部分は数mmという単位で切ってあるので、髪が伸びてきたのがすぐ目立ち、メンテナンスをしないとどこか野暮ったい印象になってしまいます。

刈り上げ部分が伸びてきたなと思ったタイミングがメンテナンスの頃合いではありますが、大体3~4週間ほどで刈り上げ部分のメンテナンスを行うのをおすすめします。

刈り上げのメンテナンスを怠ってしまうと、刈り上げ部分のボリュームが表面に出てきてしまったり、野暮ったいスタイルになってしまいやすいので注意が必要です。

では、実際にセルフメンテナンスを行う場合はどのように行えばいいのでしょうか?

刈り上げ女子必見!自宅でできるセルフメンテナンスの方法!

髪の毛全体を切りたいのなら美容室に行くことを躊躇う人はいないと思いますが、刈り上げ部分だけを切りたいだけで美容室に行くのは気が引けますよね。

そんな方は、ご自宅でセルフメンテナンスをしましょう!

刈り上げの具合によってセルフメンテナンスの方法は変わりますので、刈り上げスタイル別にメンテナンス方法を解説していきます!

がっつりツーブロック系刈り上げスタイル

刈り上げ部分が同じ長さになっているツーブロック系でしたら、メンテナンスはとてもシンプルになります!

刈り上げていない髪の長い部分をダックカール等で止め、美容師さんに刈り上げてもらった部分までバリカンを進めましょう!

ここで注意しなければならいのが、長い髪を雑に止めてしまうと長い髪をバリカンで巻きこんでしまう可能性があるので、しっかり止めましょう!

その際のバリカンのミリ数は、美容室でしてもらったミリ数と合わせると間違いありません。

もし、ミリ数がわからない方は6~9mmほどで刈り上げておくと無難です!

これから刈り上げスタイルを美容室でしてもらおうと考えている方は、自分でセルフメンテナンスをしたい旨を美容師さんに伝え、“どこまでバリカンをいれればよいのか?”と“何ミリで入れるべきか?”という2点を教えてもらうようにしましょう!

グラデーション風ツーブロック刈り上げスタイル

襟足の部分がグラデーションで刈り上げになっている場合は注意が必要で、綺麗にグラデーションをつけた刈り上げを素人の方がカットをするというのは非常に無謀な挑戦となります。

ましてや、セルフでするのはほぼ不可能に近いといっても過言ではないでしょう。

刈り上げ部分がグラデーション状になっている方は、素直に美容室に通いましょう。

その場合は大体1ヶ月をめどに美容室に通うのがベストになります。

サイドの部分は同じ長さでブロックが入れてあることが多いので、サイドが伸びた場合はご自宅でバリカンをすることが可能です!

特殊な場合以外は6~9mmをめどに刈り上げるのがおすすめです!

ある程度セルフでメンテナンスを行いたい方は、がっつりツーブロック系のスタイルをオーダーするのをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか、ここまで刈り上げ女子のセルフメンテナンスについて解説してきました!

髪の毛が長い時は、伸びたとしてもそこまで気になることがなかった方でも、刈り上げくらい髪を短くすると伸びたのが気になるのが早いですよね。

美容室に頻繁に通うのが負担になる方は、セルフメンテナンスしやすい刈り上げをいれてもらい、ご自宅で3週間周期ほどでメンテナンスを行うようにすると、刈り上げスタイルがより楽しめると思います!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。