刈り上げ女子について

女性の刈り上げに想う | 刈り上げ女子について

女性の刈り上げは…ちょっとキツイですかね。

私は会社員、49歳の男です。

世の女性には出来れば刈り上げはナシでお願いしたい。

格闘家など強い女のイメージ刈り上げ上等!と言うなら止めることはしません、全然OKだと思ってはいます。

ですが私が女性に求めるものがそれとは違うものなのでしょうね。

例えそれがどんなにいいオンナだったとしても正直…「もったいないな」と感じてしまいます。

数週間のこと。

とある雑貨専門店でどれにしようかと迷っていたところ、商品説明してくれた女性店員がいました。

別段好みのタイプの女性でもなかったのですが非常に感じ良く、物腰も穏やかで細かいところまで丁寧に説明してくれたのがとても印象的でした。

オススメ商品も気に入り、喜んで購入することが出来ました。

帰りのクルマの中、道すがら大変感謝したものです。

ところが…次の休日だったと思います。

またそのお店にフラッと入ってみた時のこと。

そう、目に飛び込んで来てしまったのです…彼女の「刈り上げ」が。

アシンメトリーに右側だけ。

耳の上、側頭部のかなり高い位置までさっくりと、バリカンで言うなら5分刈り程度。

地肌は何となく青味がかって見えたりして。

他の髪は肩に掛かるくらいの長さでしたから余計に目に飛び込んで来るんですよねその「刈り上げ」が。

実は以前も刈り上げていたのに私が気付かなかったのか、前回の来店とと今回の来店との数日の間で刈り上げたのか…それは分からない。

今こうして思い返してみても、あれは妙に残念な気持ちになってしまいました。

その日は何も買わず寄り道もせず、まっすぐに帰宅しました。

私自身刈り上げやツーブロックにすることはあります。

気分が結構変わるので、ここぞという時重宝しますよね刈り上げ。

何だか気合いが入りますし。

私は高校時代、野球部でしたので当然丸坊主にしていました。

自分への刈り上げ、抵抗はまぁありません。

いや待てよ、だからこそ余計にあるのか?女性の刈り上げに対して。

刈り上げって御察しの通り手入れがラクです。

しかもやってみると意外と長持ちしますしね。

少し伸びて来たなと思えば、何なら自分の手で「刈り上げてしまう」という荒技を繰り出すことも出来ます。

私の場合は高校時代の遺産のバリカンが現役続行中なのでいつでも鏡さえあれば新鮮な刈り上げが自宅で実現出来てしまいます。

こうして考えてみても確かに実用的ではあるんですが何故だろう、淋しくなるのですよ女性の刈り上げ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。