ダイエット

炭水化物ダイエットをやりました | ダイエット体験談

糖分を抜くことで、少しでも体重が減らせるのかなと思い、1ヶ月やってみることにしました。

最初は、炭水化物を抜いたことで、お腹にあまりたまらず物足りないと思うことがありました。

体を動かす仕事をやると、すぐお腹がへってしまい、朝昼夜と抜いていたのですが、それを辞めて、お昼はしっかり食べることにしました。

そうしたら、朝と夜は、少しずつ慣れてきて、お腹の空くのも感じなくなってきました。

全部抜いてしまうと、仕事にも影響が出るので全部一度にやるのはよくないことに気がつきました。

自分の体のことを思うのなら、自分の体に無理のないところから始めた方が良いと分かりました。

そこからは、無理をしないで、何度も噛んでゆっくり飲み込むことをしました。

激しい運動や仕事が忙しく動き回るときは、お腹が空いたなって感じるときもありますが、我慢をして、水を飲んで誤魔化しをしながらやっていきました。

一ヶ月か立つ頃に、体重計に乗りました。

最初、50kgあったのが47kgと、少しだけ成果が出ました。

身長が152cmなので、もう少し痩せたいと思い、2ヶ月目に入りました。

体も慣れてきて、お腹も慣れてきて少しずつ食べる量が以前よりは減ったと思いました。

2ヶ月目は、47kgから46kgと、あまり減りませんでした。

体も慣れてきて動く量も一定してきているのか、食べる量を減らすだけでは、体のお肉も減らないので、帰ってきてから半身浴を追加しました。

目標までは、あと少しなのですが、年齢と共にお肉も落ちる量も減ってきていますし、30代に入ってから、20代で着ていた服が入らなくなりました。

特に、スカートの腰回りのところがきつく感じて、背中と脇腹のお肉が気になり始めました。

あまり捻りすぎると筋を痛めてしまうので、半身浴をしながらゆっくりと腰を捻る運動をしました。

そして、3カ月目に計ると、45kgと、また、1㎏しか落ちて居ませんでした。

取り敢えず、目標は達成したので今度は体重を維持することを心がけました。

今までと変わらない生活をしていくうちに、だんだん、体のお肉も減ってきて体が動きやすいことに気がつきました。

そして、4ヶ月目は、やはり45㎏で、現状維持でした。

体には、負担がないし、今までみたいに暴飲暴食さえしなければ、体重をキープできるのだと思い、そらからは食事の制限を辞めて、半身浴と腰を捻る運動を続けています。

あれから一年立ちましたが、意識しているのもあって、お腹回りや腰回りのお肉も維持できています。

少しだらけてしまうと、またお肉がついてしまいそうなので程よい努力することは大切なんだと思いました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。