ヘアカットの方法(技術)

素人でもできるヘアカットのやり方!【前髪セルフカット編】

皆さんはどれだけの頻度で美容室にカットに行きますか?
子育てをしている人はなかなか美容室にもいけないのではないしょうか。
また、前髪はすぐに伸びたと感じてしまいます。
前髪だけでカットにいくのもお金もかかってしまうし、めんどくさいなと思っている人もいるはず。
そこで今回は、素人でもできるセルフカットのやり方をご紹介します。

1. セルフカットで必要なもの

コーム
ダッカール(大きめのヘアピンでも可)
ハサミ
スキバサミ(すける量が少ない、めが細かいもの)

2. 前髪をセルフカットする方法

どの人の髪の毛にも、生えぐせと毛流れがあります。
特に前髪は全頭の中でも生えぐせや毛流れによって影響されやすい場所です。
そのため、毛束にテンションをかけたままハサミを横にいれてカットすると斜めになったりがたがたに。
うまくいったとしても、揃ったまっすぐな前髪になります。
パッツン前髪をご希望であればそれは正解ですが、自然な前髪にしたいのであれば方法をかえなければいけません。

3. 前髪のセルフカット(まっすぐ編)

まずはまっすぐ編。
前髪カットはドライの状態で切りましょう。
濡らすと切ったあとに思った以上に前髪が上がり短くなったという失敗も。

3-1. 前髪以外をダッカールでしっかりとめます。

前髪の広さはトップの分け目から三角形にとり。眉山までにするとナチュラルな前髪の量になります。

3-2. 前髪の量を決めたらブロッキングしましょう。

3つにブロッキングすると毛流れも把握しやすくカットしやすいです。

3-3. まず真ん中の前髪から切ります。

(ポイント)コームでとかしたあと指で挟むのではなく、コームでとかした状態のままカットします。
(指で挟むとテンションをかけやすくなったり、まっすぐ挟めずカットラインが斜めになりやすいため)
ポイントは縦にハサミをいれること。
少しずつ微調整するように縦にハサミをいれてください。
真ん中の前髪の中心から髪を切っていき、先に切った髪と同じ長さに揃えましょう。
両サイドの髪は、外側に向かうにつれラウンドするように少しずつ長くなるようにカットしてください。

3-4. カットしたら、顔から2〜3センチ離してスキバサミで縦にカットし毛量と毛先を調整しましょう。

(注意)スキバサミも決して根元からいれてはいけません。

4. 前髪のセルフカット(横に流す編)

横に流す編。
前髪カットはドライの状態で切りましょう。
流したい方向を確認してください。

4-1. まっすぐ同様、前髪の広さはトップの分け目から三角形にとり。眉山までとります。

前髪以外は、落ちてこないようにダッカールでとめましょう。
流さない逆側のサイドの髪はわけておきましょう。

4-2. 最初にコームとかし、とかした状態のままハサミを縦にいれてカットします。

この後もカットするので、ポイントは気持ち少し長めにカットすることです。

4-3. 長さを整えたら、前髪を流したい方向に斜めにコームでとかします。

斜めにすることで自然とカットラインが流したい方向に斜めになります。
この時、斜めの角度が急すぎると短い前髪がでてきてしまうので、角度はつけすぎないようにしましょう。
コームでとかしながらそのまま縦にカットします。

4-4. 斜めに切ったあとは、前髪の毛量を減らすこと更に斜めに流れやすいように調整してあげます。

少量の毛束をとり、流したい方向と逆方向にねじります。
真ん中より少し下と毛先にそれぞれ1回横にスキバサミをいれます。
それを繰り返してください。

4-5. 分け目よりサイド側の流さない髪は、前髪の長さが既に完成しているので、前髪のバランスをみてカットします

この時もハサミは縦に入れてください。

斜めはバランスが大切なので、切り終わったら鏡をみて微調整をしてあげましょう。

5. 毛量を減らす方法

毛量を減らす方法は簡単なようで、実は失敗すると髪型のバランスが崩れてしまします。
そのため、ザクザク減らすのではなくバランスとみてスキバサミですいていく必要があります。
ドライの状態ですいていきましょう。

5-1. まず、髪を根元から丁寧にブラシでとかします。

とかしたあとに、イヤートゥイヤーでブロッキングをとり、後ろを3つにブロッキングをとります。
耳の真ん中から下で、こめかみから上といったようにスライスをとりましょう。
ダッカールでしっかりとめるかヘアゴムでお団子にしておくこともおすすめです。

5-2. 重たくなりやすい場所は耳の後ろ、ハチの部分です。

そのため、そこを中心として、気になる箇所をすいていきます。
スライスと縦に3センチ幅ほどとり、スキハサミを入れる角度は斜めでいれます。
真ん中から毛先にかけて2〜3回スキバサミをいれていきます。
ポイントは、頭は丸いので放射線状に毛束を引き出すことです。

5-3. 一番上のブロックはすかないようにしましょう。

表面となる部分なので、すいてしまうと短い毛が出てしまい髪が広がったり、ツンツンでてきて不自然になってしまいます。

5-4. 最後に髪を下ろして全体のバランスをみましょう。

6. 参考

イヤートゥイヤーとは?
参考→イヤートゥイヤーについてのリンク

ハチとは?
トップと耳の中間
トップより少し下にずれた出っ張っているところ
人によれば出っ張っていない人もいる
参考→ハチについてのリンク

7. まとめ

今回は素人でもできるセルフカットを紹介しましたが、セルフカットには限度があります。
そのため、全体的にシルエットを変える場合は、美容室に行きましょう。
前髪や毛量を減らすだけなら自分でもできるので挑戦してみましょう。
慣れれば難しいことはありません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。