刈り上げ女子の画像ならイメチェンストーリー - コラム詳細ページ - 美容室が苦手で注文がつけられないけど頑張って美容室に行くOL

ヘアやファッションに関するコラム

美容室が苦手で注文がつけられないけど頑張って美容室に行くOL

私は人見知りなので当然美容室が苦手なのですが、流石に髪を切るには美容室に行かなければなりません。

学生時代はお金もないし美容室は緊張するしで1000円カットで済ませる時期もありました。

それでも、私がわりと無難な髪型を好むタイプならまだよいのですが、
人見知りで美容室が苦手なくせに、実は個性派なファッションなどが好きなんです。

そうなると、OLさんらしい前髪横流しセミロングなどの、ナチュラルな髪型だと服と合わないのです。

そして、なかなか1000円カットであれこれ注文をつける度胸もないため、
やはりがっつり美容室にいく必要があると感じました。

一度は原宿のサロンにも行ったことがあるのですが、
やはりカットは高いし、仕事柄あまり派手なカラーもできないため、
原宿のサロンに行く意味を感じられずむなしくなるため早々に断念。

しばらくいろいろな美容室を転々とする、美容室ジプシーと化しました。

おそらく人見知りで美容室が苦手、という人は多いと思うのですが、
そんな方々に、いち人見知りとして分かったことをお伝えしたいと思います。

人見知りこそ、特定の美容室に定期的に通うべきだと思いました。

というのも、今や私は美容室では滑らかにカットの要望を伝えられるからです。

しかし、要望が伝えられるようになったのも、
通い続けて担当の美容師さんに気を使わなくなってから、です。

なので、長い戦いにはなると思いますが、通えば美容室も緊張の場ではなくなり快適になります。

人見知りの人が美容室で注文をつけられないのは、
おそらく、「私の希望の髪型、プロから見ると似合ってないんじゃないかな…」
という自己卑下と不安からくると思うのです。

よくわかります。

私も、私なんかが注文なんて…と思い、いつもざっくり「毛先をこのくらい切って、前髪は数センチ短く、
あ、そのくらいで、はい…」という伝え方で、なんだかなあ、という結果になっていました。

しかし、長く通うと、「似合ってなくてもいいんで、この髪型にしたいんです」とはっきり言えるようになりました。

というか、おそらく美容師さんもこちらに慣れてくるので、
おそるおそるカットしなくなるんですね。

美容師さんとしても、あまりに個性の強いカットにして、
クレームきたらどうしよう…という心配があったりしてあまり思いきったことができない。

しかし、長く通うことによって、クレームをつけるタイプのお客じゃない、
と分かってもらえば、けっこう楽しくカットしてくれます。

そんなわけで、人見知りで美容室が苦手、ゆえに注文がつけられない、
そんな方こそ入りやすい美容室に通ってみてください。

一年も通えばきっと、らくらく注文をつけられるようになるはずです。
カテゴリ
タグ 体験談
46

関連記事

気にいった髪型を手に入れるためには失敗しない美容師さん選びを行おう!

女性にとって、髪の毛は「女の命」と言われる程大切なものです。

洋服の印象と同じように、髪型を少しチェンジさせるだけで印象がたいぶ違ってきますよね...

髪を整えることは毎日のことだからこそ、それを考えた髪型に!?

私の髪の毛はいわゆる天然パーマ、くせ毛です。
そのため、小さな頃からこの髪の毛には苦労してきました。

今は、よい美容...

気に入った美容院は長期間通い続けています。

昔からくせ毛があり、自分では簡単にヘアスタイルを整えることができない状態です。

一時期はくせ毛を落ち着かせようとして縮毛矯正やスト...

私なりの美容室の選び方について

美容室って本当にたくさんあるけれど、お気に入りを見つけるのって意外に難しかったりしますよね。

ネットの口コミが良いから行ってみたの...

ヘアカットは上手に伝えるのが難しい

私は美容院でヘアカットしてもらうときに、何度も上手に伝えられなかった失敗談があります。

髪はやはりいつもきれいにしていたいとより感じています。...