イメチェン失敗談

ロングヘアからショートボブにしたらヘアセットの時間が倍になった | イメチェン失敗談

私は中学生くらいの時から24歳くらいまでずっとロングで、切ったとしても肩より下、ほとんど胸より下のロングヘアでいました。

しかしある時突然ショートにしたくなり、半年くらい悩みましたが思い切って切ってみることにしました。

20cm以上もバッサリカットして、すごく頭が軽くなりました。

さらに初めてデジタルパーマもかけてふわふわのショートボブになりました。

美容院では。

美容院でセットしてもらったときはすごくよかったんです。

おススメのワックスも購入して。

しかし次の日から自分でセットとなるとすごく大変!今までのロングヘアの時は適当に毛先を巻いて結べばそれなりにお仕事スタイルになっていたのですが、ショートだと結べない!結んでごまかせないから完璧にセットしないといけませんでした。

セットが楽になるようにと思ってパーマをかけたのですが、やはり朝のドライヤーやコテやアイロンは必要でした。

一番大変だったのが後頭部のセットです。

パーマをかけたらからある程度はふわふわいい感じなのですが、寝癖がひどいときなどは合わせ鏡をしながら後頭部のセットをしなければいけなかったのでとても疲れました。

また、そのショートヘアにしてから伸びてくるときも毛先が首にチクチク当たってうっとおしかったです。

いままでロングで結ぶか下ろすかで、首に毛先があたる状況になったことがなかったので衝撃的でした。

肩くらいの髪の長さの人はみんなこのチクチクに耐えているんだと。

まあおそらく私の髪が痛んでいたということがあるんでしょうが(笑)その一回ショートにしたきり、今は伸ばし続けています。

夜のシャンプーやドライヤーの時間を考えるとショートヘアはかなり楽ですが、きちんとセットするのはやはりロングの方が楽です。

いろいろアレンジの幅も広がるし。

しかし一度ショートにしたいと思ったらその衝動はなかなか止めることはできないので、後悔はしていません。

また何年後かにショートにしたい衝動がでてきたらまた挑戦してみたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。