イメチェン失敗談

ロングから初めてショートヘアにしてみた結果 | イメチェン失敗談

昔からずっとロングヘアで過ごしてきたのですが、近年ではショートヘアでもお洒落で上品にも見えるような印象ができてきたので、思い切ってバッサリと切り、初めてのショートヘアにチャレンジする事にしました。

しかし、ショートと言っても色々種類があり、自分の中ではエラが張っていてベース型の顔がとてもコンプレックスに感じていた為に、ロングで頬骨等を隠すようなヘアで過ごしてきていましたから、ショートでもあまりに短すぎると、かえって顔が大きく見えたりするのではないかと不安もありました。

また、切ってしまったら、元には戻らないので伸びるまでそれで我慢する事になるという点で、自分の住んでいる街で有名なサロンでカットしてもらう事にしました。

そして、美容師さんに相談しながらどの種類にするのか等を決める事にしました。

美容師さんによると、私の髪はしっかりしていて堅めで癖が少しあり、短くすることにより、広がりが出る可能性があるとの事でしたが、エラを気にしている事もあって両サイドを程よく長く残した前下がりのショートボブが良いのではという提案で、そのようにしてもらう事にしました。

そして前下がりのショートボブにした自身の感想としては、とにかく首元がスースーするような少し肌寒いような感じがあり、しかしながら再度が長く後ろから段々と長めにカットされて、内側はすいてもらった為に程よいボリューム感で、意外と有りかなというイメージでした。

また、所々に動きを出すためにハイライトを入れてもらったので、動きがあって軽やかなイメージになりました。

自宅では家族に、思い切った事したねなどと驚かれましたが、似合ってるとも褒めてくれました。

問題は職場ですが、職場ではもちろん驚かれたのは当然の事ながら、コケシみたいだという意見もチラホラあって、ちょっと不評気味でした。

同性からはかっこいいし、お洒落で女性らしさもあって良いなど褒めてくれましたが、異性はどうも捉え方が違うようで、男の子みたいだという強気な女性にも見える印象になってしまったようです。

でも、バッサリ切ってみて思った事は、頭自体が凄く軽くなって首や肩コリが少し軽減された気がします。

毛量が凄く多い為、ロングの時は結んでも太くて重みが酷かったので、下ろしていても常に負担にも感じていました。

あとは、夏場など保温性があるせいか凄く暑い気がしていたので、ショートにしてみて、とても涼しくて軽やかで快適なものが得られ、もっと早くに切っておけば良かったと思うくらい、自分の中では気に入っています。

今では、ベリーショートにはせず、少し長めのショートで少しずつ自分の顔に合う形を探しながらカットをかえてもらっています。

服装もロングの時と同じでも問題なく合いますし、むしろクールビューティになれるので、良くなったと思っています。

思い切ってイメージチェンジして本当に良かったです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。