イメチェン体験談

ヘアアレンジ〜古いアレンジに活路はあるか? | イメチェン体験談

1.ロングヘアロングヘアであることでヘアアレンジのバリエーションは増える。

巻き髪やデジタルパーマなど巻き巻き系も以前人気だ。
巻き毛が始め話題になったのは、高校生時代17歳の頃であった。
17歳という箸が転げても楽しく笑いばかりがさざめく年頃を幸せなるものと思い出していたのだが、
笑いさざめくばかりの能天気な話ではないらしい。

一部の女子高校生の間で17歳までに成功しないと笑いさざめくシーンですら、
幸せを知らないからじゃないか?と謗られるらしいと噂になっていたらしい。

17歳の女子高校生のサクセスストーリーが、そんな風にして終わっていった。
たて巻きロールのウェイトレスのたて巻き加減について随分笑ったものだ。
数十年の後にこぞってヘアアイロンで巻き髪を競うとは夢にも思わなかったものだ。

2.カールちゃん眠る時にヘアカーラーを巻いて眠っていたのも、そんな昔話の一つだ。
やりすぎ巻きすぎのような目立つクラスメートはいるものだ。カールちゃん!て異名をとっていた巻き巻き女も随分目立っていた。
セミロングヘアをカールしていた。
ロングヘアより簡単でしかもどういうわけこ目立つ。
ホットカーラーなど出がけに巻くタイプの電気式のものを愛用していた。
今、ホットカーラーは見かけない。
淘汰されたのだろう。簡単に巻くことができるので、重宝していたのだが。

3.そして、ひっつめ髪の正体やいかにポニーテールという古き良き時代のアメリカに影響されたひっつめ髪は、
可愛い女の子!という評判が立ちやすく凝っていた。
結び目にリボンがシンプルでいいが、髪飾りを選びつけるのは楽しいものだ。

アレンジに凝るのは素晴らしい。だが、髪飾りに凝るのは簡単で楽しいのである。
バレエのクラスに出るようになり、ポニーテールが何と争っていたかが明らかになりました。
シニョンですね。
いかにピッとほつれがないように結い上げるか?シニョンの完成度で美しさを競っていたようです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。