イメチェン体験談

アニメ級の赤髪にしてみた

20代前半の時、仕事も辞めて暇になったので思い切ってイメチェンをしてやろうと思って髪を真っ赤にしてみました。

よくある赤っぽい茶髪じゃありません。
アニメのキャラ級の本気の赤髪にしちゃいました。

でもアニメ級の真っ赤な色って普通の美容院だとなかなか難しいんです。

なので、特殊メーキャップを専門にしている美容院で染めてもらいました。
カラーはものすごく時間がかかりました。まずブリーチしてから赤色を二回入れたので合計6時間くらいかかりました。

でも仕上がりは見事にアニメ級の赤!美容院を出て街を歩くと行き交う人からの視線がささりました。

ものすごく目立ってしまっていたみたいです。

せっかく髪の毛をイメチェンしたので、服装もイメチェンしようと思い、パンクスタイルのお店に直行。
ごつめのアクセサリーも買って全身を黒で統一すると、正真正銘のパンクかぶれになりました。
道ゆく人の視線をますます感じて、なんだか有名人になったみたいで気分が良かったです。
仕事を辞めてニートになって落ち込んでいたのですが、そんなどんよりした気分が一気に吹っ飛びました。

やっぱり髪の色とか服装を変えると気分が変わるから見た目って大事だなーと思いました。
友達に見てほしくてその日の晩にファミレスで待ち合わせをしました。
私は先について席で待っていたのですが、私のあまりの変化に友達は私の座っている席をスルー。
私が呼びとめると「はあ!?何その頭!!」と驚いてそのあと大爆笑していました。

「アニメにでてくるやつやん。」と友達はツボにはまったみたいでずっと笑っていました。
でもよく似合っているといってくれました。でもこの赤髪、キープするのが大変なんです。
シャンプーをすると泡が真っ赤っか、シャワーの水も真っ赤、タオルも真っ赤になってしまいます。
赤色はすごく落ちやすいんです。枕も真っ赤になってしまいました。
美容院で色をキープするコーティングクリームを買って毎日つけていましたが、1カ月もしないうちにちょっと赤っぽい髪ぐらいまで色が抜けてしまいました。

でも一時でも開放的な気分を味わえたのでやっぱりイメチェンはたまにはしないとなあと思いました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。