イメチェン体験談

腰まであった髪をショーカットした時の心境

腰まであるスーパーロングストレートヘアだった私。

数年間はロングヘアを貫いていました。
ドライヤーをあててもあてても乾かないので夏場は大変でしたが髪が長いのは女子の特権と思って伸ばしていました。

風邪に髪がなびくと女子だな~と。
そんな私がショートカットにしようと思ったのは、
アジア圏への留学が決まったためでした。

東南アジアなので毎日暑いし、水質もそんなに良くないだろうと思い髪を切ることにしました。

どうせ切るなら、バッサリといってみたかったので昔1回だけ行ったことのある都内の有名美容室に行きました。

有名美容室の有名カリスマ美容師。
私をきっと素敵にしてくれるはず!
ハサミを入れる瞬間は少し寂しい気もしましたが、
早く短くなった自分を見たい気持ちの方がありました。

肩くらいまで一気に切り、それから丁寧に切ってくれました。

少し耳にかけることが出来るまでにしておこうとのことで、
すべてカリスマ美容師にお任せしました。

出来上がりはとてもすっきりして、小顔に見える髪型になっていました。

頭も軽くなってルンルンと嬉しい気持ちで帰宅。

数日後に旅行に行って、写真を見返していると髪を短くしたことで髪の癖がでてしまいボサボサに見えてしまっている事に気づきました。

ロングヘアだった時はそのままにしていても、
髪の重さでストレートになって癖はでていなかったのですが短くしたことで見事に癖だらけ。

ドライヤーのかけ方もロングヘアの時とは変えないといけないのにそのまま乾かしていたので起きるとボサボサ。

ショートヘアはセットいらずで楽だと思っていたので驚きました。

急遽、地元の美容室で縮毛矯正をかけて頂き癖を改善しました。
縮毛矯正をかけたので朝もドライヤーもとても楽になったのでよかったです。

留学中もセットいらずで伸ばしっぱなしでも大丈夫でした。

髪を短くして一番感動したのは、ドライヤーの短さと肩こりが良くなったこと。
髪って意外と重いんだなと思いました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。